20才独身男性会社員の不倫出会い日記

自分の上司が不倫をしていると気付いたのは、会社の営業で外回りをしているときに、
タバコを吸いながらサボってぼーっとコンビニで立ち読みをしている時だった。
そのとき、俺は上司と男との出会いの場を見てしまった。
不倫ってドラマや映画の中だけの出来事かと思ってたのに、
こんなに身近にそんな非現実的な出会いがあったなんて、驚きだ。
上司とその男は見るからになにかありそうな雰囲気でそれは
今年成人式を迎えた俺でさえなんとなくわかってしまうレベルで。
上司は既婚者でたしか子供もいる。40才を過ぎた女性だけれど、
色っぽくていわゆる美魔女タイプ。なんだか、遊ばれちゃいそうな。
この人に遊ばれたら、もう人生狂っちゃうだろうなっていうそんな凶器にも
似たような色気を持っているような女性。あと上司が15才か20才くらい若かったら、
俺はきっと恋人になろうって色々と画策してそうだ。
でも、そのどれもが失敗してうまくいかなくて、翻弄されて
「俺との関係は遊びだったのか?」とか聞くんだけど、
そしたら憂いと冷めた瞳で見つめられて「そうよ。遊びは終わりよ」とか、
言われてしまうんだ。そんな気がする。
とか、まあその上司は部下の俺にそんな想像をさせてしまうような女性だってこと。
なんとなく、わかったかな?彼女の危ない魅力ってやつがさ。
不倫相手の男はちょっとホストっぽい男だった。
まだ若い20代前半くらいでジャニーズにいそうな今時のイケメン。
メンズ用の香水とかを好んで着用してそうな感じ。